堂安律のwikiプロフ|出身地や経歴、年俸を調査!家族構成や妻(嫁)は?

堂安律のwikiプロフ|出身地や経歴、年俸を調査!家族構成や妻(嫁)は? 人物

堂安律は、ドイツ・ブンデスリーガのSCフライブルクに所属し、ミッドフィルダーとして活躍するプロサッカー選手です。

また、サッカー日本代表でも活躍し、注目を集めています。

出身地はどこで、どんな経歴を持っているのでしょうか?
年俸はどのくらいなのでしょうか?
家族構成妻(嫁)はどうなのでしょうか?

この記事では堂安律のプロフィールを徹底的に調査しました。
サッカーへの向き合い方、プライベートなど、彼の魅力に迫ります。

 

堂安律とはどんな選手なのか?

プロフィール

堂安律(どうあん りつ)は1998年6月16日生まれ、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手です。

身長は173cm、体重は70kg、利き足は左足で、愛称は「マラドーアン」です。

ポジションはフォワード(FW)やミッドフィルダー(MF)で、ドイツ・ブンデスリーガのSCフライブルクでプレーしています。

背番号は42番です。

カットインから放つ思い切りの良いシュートや、味方を生かすパスが武器で、日本代表としても活躍しています。

ポジションと特徴


ポジションは、MF(ミッドフィールダー)FW(フォワード)です。

主に右サイドでプレーしますが、左右両方をこなせるユーティリティープレーヤーでもあります。

特徴は、カットインから放つ思い切りの良いシュートや、味方を生かすパスセンスです。

左足が利き足ですが、右足でも得点を決めることができます。

また、ドリブルやボールコントロールも上手く、相手のプレッシャーに負けない強さを持っています。

攻撃だけでなく、守備にも積極的に参加し、ボールを奪いに行く姿勢も見せています。

 

堂安律の出身地は?

堂安律の出身地は?

出身地は兵庫県尼崎市

堂安律の出身地は、兵庫県尼崎市です。

尼崎市は、大阪市と神戸市の間に位置する人口約50万人の都市で、古くから商業や工業が発展してきました。

尼崎市には多くの文化財や名所があり、例えば尼崎城や尼崎神社、日本最古の歌舞伎座である浪花座などが挙げられます。

また、尼崎市は、サッカーの名門校である尼崎市立尼崎高校があり、SUPER EIGHT(旧関ジャニ∞)の安田章大や、レーシングドライバーの小林可夢偉などを輩出しています。

小学校、中学校、高校、大学は?

小学校兵庫県尼崎市立浦風小学校を卒業し、そこでは浦風FCに所属していました。

中学校尼崎市立小田南中学校(現在は尼崎市立小田中学校)に通いました。

サッカー部はなかったものの、彼は複数のユースチームからオファーを受けました。

その後、高校では追手門学院高等学校の普通科II種に進学し、2年生の時にガンバ大阪とプロ契約を結び、プロデビューを果たしました。
そのため通学するのが難しくなり、通信制の高校である向陽台高等学校へ転校しています。

大学へは進学せず、ガンバ大阪でプロサッカー選手としてのキャリアを積みました。

 

堂安律の経歴は?

クラブ 出場(得点)
2015-2018 ガンバ大阪 15 (3)
2016 ガンバ大阪U-23 21 (10)
2017-2018 FCフローニンゲン(期限付き移籍) 29 (9)
2018-2019 FCフローニンゲン 32 (6)
2019-2022 PSVアイントホーフェン 43 (10)
2020-2021 アルミニア・ビーレフェルト(レンタル移籍) 34 (5)
2022- SCフライブルク 33 (5)

プロ入り前→ガンバ大阪時代の経歴

サッカーを始めたのは小学校時代の浦風FCでした。

中学校に進学すると、ガンバ大阪ジュニアユースに入団し、その才能を開花させます。

特に、中学2年生の時には、U-15の全国大会で日本史上初の3冠を達成し、注目を集めました。

高校2年生となった2015年には、ガンバ大阪トップチームに2種登録され、同年5月27日のAFCチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のFCソウル戦で、16歳11カ月11日でのデビューを飾り、宇佐美貴史が持っていたACL史上最年少記録を更新しました。

さらに、同年6月3日には、J1リーグの鹿島アントラーズ戦で16歳11カ月18日でリーグ戦デビューを果たし、クラブ史上最年少記録を樹立しました。

ガンバ大阪U-23では、2016年に21試合出場し10得点を挙げる活躍を見せ、AFC年間最優秀ユース選手賞を受賞するなど、その才能をさらに開花させました。

そして、2017年にはガンバ大阪で10試合出場し3得点を記録し、同年6月にはオランダ1部のFCフローニンゲンへの期限付き移籍が発表されました。

オランダでの経歴

2017年から2019年までオランダFCフローニンゲンでプレーしました。
この期間は、彼にとって大きな成長と挑戦の時期でした。
FCフローニンゲンでのデビューは、2017年8月13日のSCヘーレンフェーン戦で、公式戦初先発を果たしました。
その後、同年9月21日のカップ戦で移籍後初得点を記録し、9月30日にはリーグ戦初得点を挙げるなど、着実に実力を示していきました。
特に印象的だったのは、2018年1月21日のヴィレムII戦での2018年初得点や、同年4月23日にフローニンゲンが買い取りオプションを行使し、完全移籍での獲得を発表したことです。
フローニンゲンでの2年目のシーズンに背番号を「7」に変更し、新たなスタートを切りました。
そして、2018年8月12日のSBVフィテッセとの開幕戦でシーズン初得点を決めるなど、攻撃的ミッドフィールダーとしての才能を開花させました。
2019年8月には、同じくエールディヴィジの名門PSVアイントホーフェンへ移籍。
PSVでは、背番号25を背負い、クラブ史上初の日本人選手として注目を集めました。
移籍後も成長は止まらず、ヨーロッパリーグなどの国際舞台でもその才能を発揮しました。

ドイツでの経歴

ドイツでのキャリアは、2020年から始まりました。

2019年はオランダのPSVアイントホーフェンに所属していましたが、その後2020年から2021年までの間、ドイツのアルミニア・ビーレフェルトにレンタル移籍しました。

ブンデスリーガ初ゴールをバイエルン・ミュンヘン戦で決めるなど、印象的なプレーを見せていました。

アルミニア・ビーレフェルトでは34試合に出場し、5ゴールを挙げました。

その後、オランダのPSVアイントホーフェンに復帰し、UEFAヨーロッパリーグでの活躍もありましたが、ドイツでのプレーを選択します。

2022年7月5日にドイツ・ブンデスリーガのSCフライブルクへ完全移籍しました。

移籍後、チームの攻撃的な選手として活躍し、2023年2月23日にはEL(欧州リーグ)のプレーオフ第2戦が行われ、フライブルクはRCランス(フランス)に3-2で勝利し、決勝トーナメント進出を決めました。

この試合で彼は2得点に絡み、何度もチャンスを演出しました。

ドイツ国内では、その活躍が大きく報じられ、堂安律の評価がさらに高まっています。

SCフライブルクでの2022-2023年シーズンは33試合に出場し、5ゴールを挙げています。

 

堂安律の年俸は?

堂安律の年俸は?

堂安律は現在、ドイツ・ブンデスリーガのフライブルクに所属し、年俸は約1億3000万円です。

これは、84万ユーロに相当し、日本円で約1億3000万円となります(※1ユーロ=158.83円で計算)。

ガンバ大阪でキャリアをスタートし、その後、オランダのフローニンゲン、PSVアイントフォーヘン、ビーレフェルトを経て、フライブルクへと移籍しました。

ガンバ大阪時代の年俸は2016年に380万円、2017年には600万円でした。

ヨーロッパへ渡ってからの年俸は、フローニンゲン時代に19万ユーロ(約3000万円)、PSVでは38万ユーロ(約6000万円)となり、ビーレフェルトでも同額を維持していました。

フライブルク移籍後には年俸が大幅に増加し、現在の額に至ります。

彼のプレースタイルや貢献度を考慮すると、この年俸は妥当なのではないでしょうか。

今後の活躍によっては、さらなる年俸の増加が期待されます。

※金額は推定です。

 

堂安律の家族構成は?

堂安律は、両親と2人の兄の5人家族で育ちました。

父は会社経営者で、母は元介護施設の経営者です。

兄の堂安麿(まろ)は一般人で、堂安憂(ゆう)は元サッカー選手で現在はサッカースクールを運営しています。

堂安律は幼少期からサッカーに情熱を注ぎ、5歳でボールを蹴り始めました。

兄たちに刺激され、地元のサッカークラブに参加し、熱意を深めていきました。

家族は彼の成長を支え、特に母親には尊敬の念が深いそうです。

母親は介護施設を経営しながら、父親の会社を手伝い、サッカー活動も支えています。

現在は専業主婦として暮らしているとの情報もあります。

 

堂安律に妻(嫁)はいる?

堂安律に妻(嫁)はいる?

公開されている情報をもとに調査した結果、現時点で結婚しているという報道や情報は見つかりませんでした。
プロサッカー選手としてのキャリアに集中しているようで、私生活に関する詳細はあまり公表されていないようです。
もし将来的に結婚されることがあれば、ファンにとっては大きなニュースになることでしょう。
しかし、今のところは独身であると考えられます。

 

まとめ

ここまで 堂安律の出身地や経歴、年俸、家族構成、妻(嫁)について詳しく紹介しました。

彼は海外で活躍し、サッカー日本代表にも定着。

今後の活躍がますます期待されます。

これからも、 堂安律の活躍に注目していきましょう!

 

タイトルとURLをコピーしました